超ネガティブだった私が辞めてよかった5つのこと

こんにちは、山田ハナ(@YamaHana73)です。

 

今は深刻な悩みもなく毎日ハッピーに過ごしている私ですが

元々はめちゃくちゃネガティブな性格でした。

 

どれくらいネガティブだったかと言うと、会社員時代にうつ状態になったり、

薬を飲まないと寝られないほど精神が不安定な時期もありました。

 

そんなメンヘラだった私が、やってよかったことではなく、やめてよかったことを5つを紹介しようと思います。

人に気を使いすぎて疲れる、自分のことが嫌い、小さなことでクヨクヨしてしまうと言う方に読んでみてほしいです。

超ネガティブだった私が辞めたこと

考え方のコツから、食べものなどの具体的なモノまで、わたしがやめて楽になったことを紹介していきます。

まずは結論から。

やめてよかった5つのこと
  1. 自分をできる人間だと思うこと
  2. 苦手な人といること
  3. 物をためこむこと
  4. 小麦粉(グルテンフリー)
  5. テレビ

くわしく説明していきます!

やめてよかったこと① 自分をできる人間だと思うこと

ネガティブに考えてしまうときって、自分に対して過度な期待をもっているときだと気付きました。

「なんであんな凡ミスしてしまったんだろう」

「休日なのにダラダラしてしまって本当に自分はダメなやつだ」

などなど。

でも所詮じぶんは大したことない人間だって思ったら納得いくよね。

自分に対する過度な期待は、結局自分を苦しめるだけ。

早めに自分はそれほど大したことない人間だと自覚しましょう。

その上で、できることを1つずつやっていったら結果オーライです。

やめてよかったこと② 苦手な人といること

ネガティブな人は、苦手な人とでもがんばって理解しようとします。

もしくは苦手な人に苦手だな〜と感じてしまう自分を責めてしまっています。

①でも書きましたが、自分はそんな大した人間じゃないんだから嫌いな人だっている。

苦手な人は、無理して関わらなくていい。

自分が大好きな人とだけ一緒にいよう。

そう思って住む環境や仕事を変えたら、びっくりするほど穏やかで幸せな毎日を送れるようになりました。

やめてよかったこと③ 物をためこむこと

ネガティブな人は片付けベタ!というのが私の持論です。(異論は認めます)

頭の中でグルグルいやなことを考えちゃったりするので物を整理整頓するのも苦手なんじゃないかな〜と思ってます。

わたしは片付けが大の苦手です。

なので思いきってため込んでいた服や、いつ使うのかわからないもの、昔の書類や学生時代のものなど、思い切って処分しました。

家の中のモノが減ると、すっきりして気分も前向きになります。

やめてよかったこと④ 小麦粉(グルテンフリー)

個人差はあると思いますが、意外とじぶんの身体に合っていないものを食べて気分が不安定になっている人が多いのではないかなと思います。

わたしは試しに小麦粉を3日間やめたときに、それまででは考えられなかったほど気分が楽になって以来、ほぼグルテンフリーの生活をしています。

遅延性アレルギーなどの検査できるものをありますが、まず小麦粉や乳製品、ナッツ 類などなどやめてみてココロにどんな変化があるか見てみるのはオススメです。

やめてよかったこと⑤ テレビ

ネガティブな人は感受性がゆたかとも言えます。テレビなど情報がたくさん流れてくるものを毎日見ていると、気疲れしてしまいます。

悲しいニュースなど見てしまうと心がいたくなって、しばらく気分が沈んでしまったりしませんか。

そういう状況を避けるためにもわたしはテレビを見なくなりました。

 

ネガティブな性格を直すには付け足すよりもやめることが重要

以前のわたしはネガティブな性格を直したくて色んな本を読んだりYouTubeをみて情報収集していました。

ですが、もっとも効果があったのはなにかを始めるより、やめることでした。

今回は簡単に紹介しましたが、今後それぞれを詳しい記事にできたらと思います。

今日も読んでいただきありがとうございました!

2 件のコメント

  • こんにちは。ハナさんのブログ愛読者の村上裕之と申します。いつも楽しく拝読しています。ありがとうございます。今回二度目ですが、コメントさせていただきます。
    幼少期よりネガティブ思考がちな私が即実践できる内容が纏められており、とても有益な情報をいただけました。特に1と3は見に詰まる思いです。自分への過度な期待が過去の経験や失敗の傷痕を残す要因だったのですね。貴重な意見がとても勉強になりました。又、私は過去引越を繰り返す中でいつ使用するかも判らない贈答品が増殖しています。自分自身と不用品を整理する良い機会にしたいと思います。 
    多様性が逆に閉塞感を生みがちな現代において、何を主眼に置き生きるべきなのか疑問を感じる事があります。倫理観、ライフハック、悲観的情報からの防衛力、金融リテラシー等、それとも刹那的な生き方こそが正しいのか?いつか是非ブログ内でハナさんの見解を聞かせてほしいものです。 
    ブログ執筆は地道な作業に反し収益性に乏しく挫折しがちかも知れませんが、個人的にはハナさんのブログに最大の魅力を感じています。年齢を重ね内容により深みを増す中で、いずれ転機が訪れ読者が劇的に増えると確信しております。
    最近めっきり寒くなってきましたね。気温低下でお体を壊しませんよう十分ご留意くださいませ。返信はお気遣いなく、それでは。

    • 村上様
      さっそく読んでいただき嬉しいです!
      自分に期待することって良いことだと思いがちですが、一歩間違えると自分を痛めつけてしまう考え方でもあると思います。
      大したことない人間なんだからちゃんとできなくても仕方ない〜〜と思うと肩の力が抜けて自分本来の能力を発揮できると信じています。
      感想いただきありがとうございました✨

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    山田ハナ

    山田ハナ/複業ライター 1987年、奈良県出身。大手損害保険会社に勤めたのち退社。小心者なのにワーキングホリデーを始め、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど15カ国を周遊する。より自由な働き方を求めて、現在は複業しながらライター生活を送っています。