わたしの文章はデトックスという名のウンチだったことに気づき非常に恥ずかしい話

こんにちは、山田ハナ(@YamaHana73)です。

 

今回は今まで書いてきた文章がただの自己満足だったということに気づいて非常に恥ずかしいよ、という記事です。

せっかくなので書き留めておこうと思ったのと、もしかしたら同じように勘違いしている人がいるかもしれないと思って書きました。

文章の才能はあると思ってるんだけどイマイチ結果が出ないなぁと思っている方は、試しに読んでみてください。

そうでなければ、コイツ自意識過剰なやつだな〜と笑い飛ばしてくださいね!

料理は上達したのに文章は上達しなかった

私がこれまでチャレンジしてきた中で上達するものと上達しないものがありました。

上達したもの⇨料理

上達しなかったもの⇨文章

料理を作るのも文章を書くのも好きなのに、なぜ文章(ブログ)は結果が出ないのだろうと思ってました。

逆に料理は最初から全くできないところからスタートしたので、レシピ通りに日々淡々と練習しました。

2つを比較してみると、スタート時点で自分に才能があると勘違いしているかどうかが大きな分かれ道だったと思います。

私が書いていた文章はただ単に自己満足の文章でした

自分は文章の才能があると勘違いしながら大した改善もせず、ただ気分が乗ったときにブログを書くだけ。

それで結果が出ないのは当たり前なんですが、自分の能力を過信しすぎたせいで上手くいかない事実を中々受け止められませんでした。

読み手のことを考えずに書く文章は、ただの自己満足。

自己満足で書いた文章が悪いわけではありませんが、気持ちのデトックスという意味ではただのウンチですよね。

自分のもやもやした感情や考えをアウトプットするのは思考の整理としてとても有効です。

だからその手段としてブログや日記を使ったりすることは良いことだと思います。

ただ、

わたし
人気ブログにしたい!少しでも収益を出したい!

と思うなら自己満足の文章をずっと書いていても意味はありません。

私のしくじり
単なる思考の整理が人気ブログにつながると思っていた

デトックスのために書いた文章は自分語りが多いので、有名人でない限り誰も興味がありません。

料理は料理、ウンチはウンチ、判別をしっかりとつける

有名なブロガーさんや文章を書く人は、文章を通じて読者に価値を提供しています。

材料選び・読者好みの味付け・読者が喜ぶメニューなど、当然ですが読者のことを考えて作っています。

価値というのは

  • 面白い
  • 心が軽くなった
  • 解決策がわかった

など「読んでよかった、得した」と思うものではないでしょうか。

初心者のうちは、たくさんの人が美味しいと思う料理(文章)を提供することは難しいかもしれません。

でも食べてくれる人(読んでくれる人)のことを考えて試行錯誤をすれば、きっと上達するでしょう。

わたしが理解していなかったのは、自分のウンチ(文章)がなぜ周りの人の料理に敵わないのだろうということです。

そりゃそうだ、だれも他人の排泄物になんか興味ないですよね。

自分がアウトプットしようとしているのはウンチなのか料理なのか、自分でわかった上で文章を書かなければいけないと気づきました。

結果を出したいなら基本に忠実に従おう

わたしは今まで書き手のオリジナルが大事だと思ってきました。

だから文章のテンプレートとか、構成とかが大嫌いだったのです。

(ブログ冒頭)〜〜というお悩みはありませんか?
(ブログ終盤)いかかでしたでしょうか?
みたいな一辺倒なブログ記事が、なんか嫌だ〜〜〜〜!!!!

でも思い返すと料理が上達したのは、料理本を見ながら基本に忠実に作ることを繰り返してきたからです。

時には失敗して、まずい料理を食べながら次はどうしたら上手くいくか試行錯誤しました。

結果、今では料理の腕が上がり周りに褒めてもらうことも多くなりました。

独身アラサー実家暮らしで料理ができなかった私が2年経って料理好きになった過程を振り返る

2018.11.27

味付けを変えてみたりオリジナルにこだわるのは、あくまで基本がちゃんと身についてからです。

今までブログ運営や文章に関して色々アドバイスしてくださった方々の言うことを全く聞いていなかった自分が恥ずかしい。

つらつらと長い文章になりましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございました。

自分は文章を書く初心者なんだという気持ちを忘れず、これからもブログを書いていきたいと思います!

2 件のコメント

  • はじめまして。私は関西のとある県に住んでおります村上と申します。ブログを一通り拝読させていただきあまりに魅力的でしたので投稿させていただきました。
    ハナさんの人生の中での葛藤と日々の奮闘が伝わり、また私自身の感情にも当てはまる内容が多く感銘共感しております。将来に向って果報にチャレンジする積極性と実行力は素晴らしいと感じます。私も過去全国津々浦々仕事で奮迅する中で自身を見失い、数々の不幸事にも出会いました。震災の被災地付近で仕事をしていた時期はここを終焉の地にしようと思った事さえありました。ですがこんなに頑張っている方がいると大きな励みになります。私と同じ大阪出身で同大学卒業であるのもどこか親しみを覚えます。
    ハナさんは感受性豊かで文章力に長けており、非凡な才能を持っていらっしゃいます。可能でしたら今後も無理の無い範囲内で、読者を意識し過ぎず投稿してほしいと願っております。簡素な内容でも嬉しいです、これからも応援させてください。ハナさんの今後の益々のご活躍とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

    • 村上さん、ブログを読んでいただき誠にありがとうございます!今までたくさんの苦労をされてきたんですね。わたしのブログが村上さんの元気に少しでもなれたならとっても嬉しいです。そしてブログという場は一方通行なことが多いので、こんなに丁寧に感想をいただける機会は中々ありません。ぜひ今後のブログ執筆の励みにさせてください。今後も少しずつブログを書いていこうと思っておりますので引き続き応援いただければ幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    山田ハナ

    山田ハナ/複業ライター 1987年、奈良県出身。大手損害保険会社に勤めたのち退社。小心者なのにワーキングホリデーを始め、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど15カ国を周遊する。より自由な働き方を求めて、現在は複業しながらライター生活を送っています。