痩せたいと焦る人ほどダイエットに失敗する

こんにちは、小学生時代から20年間ぽっちゃり体型だったけど1年で10kgのダイエットに成功した山田ハナ(@YamaHana73)です。

おやつは止めると決めたのに、あっけなく食べてしまったり、

次こそは本気で痩せる!と意気込むのに意思が弱く続かなかったり。

こんなことが続くと自分の体型だけではなく、自分自身のことがどんどん嫌いになってしまいますよね。

かつての私も太ってる自分が嫌いで嫌いで、鏡に映る自分を何回呪ったかわかりません。

ですが、あることに気づいてから驚くほど簡単に10kg痩せることができました。

そのあることとは、太ってる自分にOKが出せるようになったことです。

それだけ?と思うかもしれませんが、痩せたいのに焦ってばかりで自分が情けない・嫌いになりそうだという人には、盲点になりがちな点ですのでぜひチェックしてみてください。

今回の記事では、

  • なぜ太っている自分にOKが出せるようになったか
  • 具体的にどんなことをしたのか

について書いてます。

わたしのぽっちゃりスペック

どれくらいぽっちゃりしていたかというと、

  • 身長156cm
  • 体重60kg(MAX時)

でした。

太ってる自分にOKが出せたきっかけは、ある動画を見たこと

長いあいだ太っている自分のことが大嫌いでした。

しかしある動画をYouTubeで見たことがきっかけで太っている自分を認めることができて、そこから面白いように痩せていきました。

その動画というのがこちら

ぺこちゃん(りゅうちぇるの奥さん)の動画です。

動画内で彼女が言っていたことは、

太っている自分のことも大好きだった。

太っているからミニスカート履けない、痩せなきゃ、みたいなマイナスなことは全く思っていなかった。

というのです。

この動画を見てわたしは衝撃を受けました。

そして、自分が痩せられないのは太っている自分を嫌っているからではないかという仮説を立てました。

自分を嫌いながら頑張るのはキツイ

太っている自分を責めながらダイエットをするのは精神的にキツイです。

  • 自分のお腹見て、ため息
  • 鏡見て、ため息
  • 服を着て、ため息
  • ご飯を食べて、ため息

ことあるごと自分にダメ出し祭り。

冷静に考えればわかるけれど、人間こんな心理状態だとストレスがたまりますよね。

これだと食べる量を控えるどころか、逆に食べ過ぎに繋がってしまいます。

考え方が根本から違っていたのです。

具体的にやったことはお風呂上がりにボディークリームを塗るだけ

わたしがまず太っている自分を認めるためにやったことは、

「お風呂上がりにボディークリームを塗る」ことです。

なんのためにやるかというと「自分の(体型に関する)セルフイメージをあげる」ためです。

セルフイメージをあげる方法については、深呼吸や瞑想なども良いと言われていますよね。

「身体をさすること」も自分をいたわるために効果的らしく、それならお風呂上がりにボディークリームを塗って毎日の習慣にしようと思ったわけです。

ポイントとしては、

  • 「今日も1日お疲れさま〜」
  • 「今日も動いてくれてありがと〜」

と自分の身体と会話するように塗っていくことです。

バカみたいに思うかもしれませんが、私には本当に効果的でした。

自分の身体を大切に思えたらダイエットに成功したようなもの

  不思議なもので、自分の身体と向き合う時間を1日の中で少しでも作ることで、ジワジワ〜と心が満たされるのです!

今まで責めてばかりいた自分の身体に申し訳なく思ってきて、 「厳しく当たってきてごめんよ〜」 と私は思えました。  

ここまでこれたらもうダイエットも成功したようなもの。

自分を責める気持ちが激減したので、おやつが我慢できなかった時も、つい食べ過ぎてしまったときでも、

「まぁ仕方がないか、食べたかったのだもの。次からまた頑張ればいいさ」

と気楽に思うことができました。

そこから徐々にですが確実にどか食いすることも減り、最終的に10kg痩せることができました。

自分の体型を好きになれたら誰も悩んでない。

そう思います、わたしもそう思ってました。

だったらせめて「太ってる自分が嫌い」から「太ってる自分でもOK」と考えるところからスタートしてみませんか。

ABOUTこの記事をかいた人

山田ハナ

山田ハナ/複業ライター 1987年、奈良県出身。大手損害保険会社に勤めたのち退社。小心者なのにワーキングホリデーを始め、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど15カ国を周遊する。より自由な働き方を求めて、現在は複業しながらライター生活を送っています。