太ってることに20年悩んでいた私が、面白いまでに10kg痩せるまでのまとめ

危険な暑さが連日続く毎日、夏ですね。

山田ハナ(@YamaHana73)です。

夏になるとテレビでも雑誌でもこぞってダイエット特集をしてますね〜

私は10ヶ月間で10kg(59kg→49kg)のダイエットに成功し、1年以上経った今もずっとキープしてます。

私の場合は10kg痩せるのに辛い努力とか無縁だったので、改めてダイエット記事のまとめページを作っちゃいます。

とにかくダイエットは自分を好きになることから!

1にも2にも3にもこれ!!

私のデブ暦は、小学校3年生〜29歳くらいの約20年間で、太ってることがとにかくコンプレックスでした。

もちろん今まで恐ろしいほど数々のダイエットに挑戦しましたが、根性のない私は1回も成功しませんでした!(最高2kg減とか。。)

もう太ってる自分が大嫌いで、ダイエットしても続かない自分も大嫌いで、食べてしまう自分も大嫌いで、、

もうめちゃくちゃ自分の体型が大嫌いでした!!!

そんな私が10ヶ月足らずで、しかも10kgも減量することができたのは間違いなく自分の体型嫌いを先に直したからです。

10kg痩せた今思うのは、自分の体型が嫌いなまま痩せるのはほぼ無理なんじゃないか。。ってこと。

太ってる自分も中々良いじゃん、って認めてあげたことから私のダイエット人生は大きく変わっていたことについて書いた記事です。

https://hitomin.tokyo/futotterujibunngadaikirai/

なんで食べてしまうかのカラクリを知ると風景が変わる

ダイエットでも何でもそうですが、自分の本音を知るって大事なことだと思うんです。

人間って「これが好き!」「これがやりたい!」と思ってても、案外本音は違うことが多いのです。

私はデブだった20年間

「痩せたい!」

「とにかく痩せたいぃぃぃ〜〜〜!!」

と思ってました。

それが一番の願いだと思ってました。

でも、冷静に、客観的に、自分が本当に痩せたいと思っているか分析したら

「たいして痩せたくない」という衝撃の事実にたどり着きました。

別にお金払ってカウンセリグとかしたわけではなく、

ただ紙に食べるメリットと痩せるメリットを書き出しただけです。

こんな簡単なことしただけだったのに、

なぜ今まで自分の「行動(食べる)」と「言葉(痩せたい)」が違ったのかがハッキリわかりました。

https://hitomin.tokyo/yasetainomukougawa/

食べたくないのに食べてしまう辛さ

食べることって自分のアイデンティティと深く繋がってると思いませんか?

私にとって「食べる」行為は、お腹を満たす以外にも人とのコミュニケーションの役割が大きかったです。

特に

  • 家族で食べる夕飯
  • 職場や取引先での飲み会
  • 女子会のランチやカフェ

こういったときに「食べなきゃいけない」と感じる場面にだんだんと違和感を持つようになりました。

でもこういう「付き合い食べ」や「雰囲気食べ」を勇気を出して辞めたことで、

  • 身体が予想以上に楽になった
  • 食べることが本当に楽しくなった

という良いことが起こったのです。

どういう経緯で辞められるようになったか書いた記事です。

https://hitomin.tokyo/tabetainomukougawa/

食べていい、って安心できると必要以上に食べなくなる

これまでの記事はダイエットの思考編。

ここからの記事はダイエット実践編です。

私のダイエットって9割思考が大事だと思ってるのでやり方はぶっちゃけ大したことありません。

食事に関して気をつけたのは「腹6分目」にする。

以上です。

それができたら苦労しねーわ!って突っ込みが聞こえてきそうですが、できるんです。

だって1日何回でも食べていいのですから。

ポイントは、お腹がぐ〜って鳴りそうなくらい減ったことがわかったら、再度食べるということ。

またお腹すいたら食べたらいいや〜と思うと、不思議と腹6分目でも抑えられるものです。

この方法を教えてくれた凄腕の整体の先生は、人生の中で出会えて良かった人TOP5ランクイン!!

https://hitomin.tokyo/yasetaikedotabetai/

超簡単な1分マッサージが効果絶大だった

ろくに運動もせず、過度な食事制限もせず、何も特別なことはせず10kg痩せた私。

でもこれはやっといてよかったと思ってます。

食後に足の指をくるくる回すだけなんですけどね。

歯科医であり、もともと顎の歪みを治すところから出発したリンパマッサージで有名になったさとう式リンパケア。

痩せるというより、このマッサージは身体中の歪みに作用するので結果的に痩せることができました。

「足指ワイワイ」と調べたらやり方や解説がいっぱい出てきます。

痩せる以外にも足のむくみとか小顔とか良いこといっぱいらしいです。

私は10kg痩せたおかげもありますが、顔が半分くらいになったね〜と話したこともない勤務先のお客さんに言われるほどになりました。

https://hitomin.tokyo/diet-massage/

根性で痩せるなんて時代遅れ

10kg痩せた道のりは全然辛いものではなく、怠け者で食べるの大好きな私でもできた方法です。

太ってることを責めなくなったし、身体が楽になっていくのが嬉しかったし、痩せていくのが楽しかった。

だから余計にスルスルっと痩せられたのかもしれません。

痩せてるからって価値が上がるわけではない、あなたはあなた。

太ってるあなたも素敵だし、素敵なあなたなら痩せてもきっと素敵です。

 

ABOUTこの記事をかいた人

山田ハナ

山田ハナ/複業ライター 1987年、奈良県出身。大手損害保険会社に勤めたのち退社。小心者なのにワーキングホリデーを始め、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど15カ国を周遊する。より自由な働き方を求めて、現在は複業しながらライター生活を送っています。