【作戦失敗】わたしの親はわたしより財布のヒモが固かった

こんにちは、山田ハナ(@YamaHana73)です。

先日こんな記事をアップして、高らかに親孝行宣言をしたのですが見事に失敗しました。

【目標達成】手取り10万のわたしが9ヶ月で13万貯めて買いたいモノとは

2020.11.05

どういう風にうまく行かなかったのか今日は結果報告です。

【貯金13万】親にサプライズを計画していた

コツコツ貯金して親に素敵なお洋服を買ってあげようとしていたわけなんですが…

見事に断られました。

普段は離れて暮らしている親に、なにも親孝行していなかったので毎月2万円をタンス貯金していたんです。

そして先日帰省した際に、

お洋服買いに行こう!プレゼントするよ!

と親を誘いました。

「いらない」と言った親の反応にびっくり

喜んでショッピングに出かけると思いきや、

いらないよ!

と母親が言ってきました。

わたし
う、うそーん!!!

断られると思ってなかったのでびっくりしました。

でも理由を聞いて納得。

母の言い分は、

  • コロナだから外出しないため服はいらない
  • 今ある洋服で困ってない
  • もっと必要になったとき買ってほしい

とのこと。

わたし
親へのリサーチ不足!!

喜んでくれるばっかり思っていたのですが、

独りよがりな考えでした。

わたし
誰かに喜んでもらうって難しい

もちろん私が頑張って貯めたお金だと言うことを知っていて断ってくれたんだと思いますが、

喜んでもらえることをしたかった娘心としては微妙な心境でした。

【教訓】
親は意外とプレゼントを受け取とらない

プレゼントより私がすべきだったこと

そして帰省から帰ってきて、気付いたことが1つあります。

それはプレゼントをあげるより、もっと親と一緒に過ごす時間を作ればよかったと言うことです。

帰省中の1週間はとにかく予定を詰め込んでいたわたし。

  • 普段会えない友達とゴハン
  • ブログ執筆
  • ラジオ配信
  • 打ち合わせ

などなど、分単位のスケジュールに追われ家にはヘトヘトで帰ってくるだけ。

振り返ると両親とゆっくり過ごした時間はほとんどありませんでした。

ホントにあっという間だったね
もう帰っちゃうんだね

と繰り返し言っていた母。

少し寂しそうでした。

わたし
またいつでも帰れるから大丈夫だよ!

といって実家から戻ってきましたが、今は少し後悔しています。

父はバタバタと過ごしている私にほとんど何も言ってきませんでしたが、

お正月も帰ってきたら〜?と言っていたので帰ってきて欲しいのだと思います。

【教訓】

一緒に過ごす時間がなにより親孝行である

【アイデア募集】どうにかして次回は成功させる!

約1年ぶりに帰省したわけなのですが、次回からはもう少しこまめに帰ろうと思います!

特にGoToトラベル期間中にもう1回帰りたい。

わたし
GoTo期間中がめちゃくちゃ狙い目だよね!!

gotoトラベル使って安く帰省する方法【東京⇨大阪】

2020.11.09

そして今回貯めたプレゼント貯金を、どうにかして親に使いたい!

みなさんは親にしてあげて喜んでもらったこととか、

プレゼントするコツとかありますか?

わたし
物よりも思い出が作れることのほうがいいのかな〜?

良ければコメント欄で教えてくださいね。

ではでは〜。

6 件のコメント

  • 親孝行するっていう行為は素敵です😊👍もっとシンプルで良かったのかも‼️親は顔見せるだけでも喜ぶからね😃一緒にご飯作るとか、お酒🍶を飲むとかね😃やっぱり、姫は素敵ですね💕😊いい女だぁー😊👍

    • クリリンさん
      もっとシンプルで良かったのですね〜。1人気張っていました笑 いつも応援ありがとうございます!

  • ボクはシンプルに「元気に健康で居ること自体が親孝行」だと思うんだけれども、もし貯めたお金をご両親のために使いたいんだとしたら、まずはマメに連絡を取りその中でご両親が欲するものを察知出来たらいいんじゃないかな、と思う。

    • 公園の甲子園監督さん
      「元気に健康で居ること自体が親孝行」本当にそうですね。
      自分では帰省して顔を見せるだけじゃ不十分なんじゃないかと思っていました。
      アドバイスも実践してみます!

  • こんにちは。昨日に続き助言になればと思い本日もコメント投稿させていただきます。
    ハナさんのサプライズ貯金計画は両親がきっと誇りに感じた筈です。そして、愛娘の行動に対して最大級の親心を示したと思われます。
    私も実家に帰る頻度は低く、過去全国転勤の中で産地特産品を送っておりました。新潟米、福島献上桃、秋田きりたんぽ鍋セット等。贅沢な温泉旅行や外食を提案した事もありましたが、高齢で行動範囲が極端に狭くなった両親には全く不要だったようで、家計の手助けになる食料品が最も喜ばれました。又、プレゼントのコツになるか分かりませんが母父の日や誕生日にメッセージを添えて送ると効果的でしたね。ですが、元気な姿で顔見せするのが一番の親孝行と言われた事があります。幾つになっても子は子で、仕事でパフォーマンスを発揮し、プライベートで充実しているか否かは帰ってきて直ぐに察知できるようです。
    お互い「後悔先に立たず」を忘れず、元気なうちに親孝行していきたいですね、では。
    【P.S. 11/15付のブログ記事にもコメント投稿させていただいております。合わせてご確認のみしていただけると幸いです。】

    • h.murakamiさん
      食料品、なるほどです。メッセージは今までしたことなかったので、ぜひやってみますね!!
      いろんな土地の名産品を送ってくれる息子さんをもったご両親もとても幸せですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    山田ハナ

    山田ハナ/複業ライター 1987年、奈良県出身。大手損害保険会社に勤めたのち退社。小心者なのにワーキングホリデーを始め、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど15カ国を周遊する。より自由な働き方を求めて、現在は複業しながらライター生活を送っています。