【月経カップ】愛用歴36ヶ月以上の私が良い点悪い点を徹底解説!!

紙ナプキン、タンポンに続く第3の生理用品として注目を集めている「月経カップ」

どういいの?痛くないの?使い方は?などなど気になるけど人には聞きづらいテーマですよね。

そこでこの記事では月経カップ愛用歴36ヶ月以上の私

・月経カップのめちゃ感動したところ

・逆にイマイチなところ

・試行錯誤でたどり着いた装着方法

・私的ベストな使い方

など、その魅力を恥ずかしながら大告白します!

毎月の生理が予想以上に楽になるかもしれませんのでぜひ読んでみてください!

また、知られざる女性の秘密を覗き見したいという男性もこれを読んで彼女に勧めてあげたら喜ばれるかも!?

Contents

月経カップ購入のきっかけ:海外での長期滞在

 

月経カップ購入に至った大きなきっかけは、

海外の長期滞在(ワーホリ)の準備をしている時でした。

1年に渡る海外の長期滞在になるため、

・生理用ナプキンを1年分は持っていけない
・現地のナプキン(低品質)を使うことの抵抗がある

という問題がありました。

海外出張など短期の滞在であれば普段使っているものを持参すればいいので問題ありません。

しかし長期滞在となるといずれは現地調達が必要になってきます。

海外製の質が悪いというのは海外で購入した際知っていたので、向こうのものを使う気になれませんでした。

そこで何か良い案はないかとネットで色々探していたところ、シリコン製の月経カップなるものを知ったのです。

月経カップがおすすめな7つの理由

最初は海外にいる間だけの短期使用が目的でした。

しかし使い始めてみると意外と使いやすく、購入してから3年以上経った今でも使い続けています。

人によって好き嫌いはあると思いますが、まだ日本で浸透していない月経カップ。

今回は使い始めて36ヶ月以上経つ私がおすすめする点、逆にイマイチな点をわかりやすく解説していきます!

おすすめポイント1:扱いが簡単で手軽!

まず、何と言っても手軽に使えます!

1回1回使い捨てる生理用ナプキンと違い、月経カップはシリコン製のため

・持ち歩きが簡単
・かさばらない
・洗って繰り返し使える

という所がまず何と言っても便利です。

女性なら誰もが経験したことがある、お出かけ前のこんな場面。

あぁ〜もう出かけなきゃ遅れる〜!げ、生理中だった!え〜っとナプキン何個持っていこうか。。(カバンごそごそ)

もしくは外出先で、

やば!生理中なのに替えのナプキン持ってくるの忘れた!!ガーーーーン。

誰かナプキン余分に持ってるか聞かなきゃ〜。

私は生理中よくこのような状況になり、女ってめんどくさいなぁと思ったものです。

月経カップを使っていると、

・生理中:装着しているので他に何もいらない
・生理前:カバンにぽいっと入れて準備しておくだけ

という手軽さゆえに面倒くさがりな私にとっては好相性だったというわけです。

保管方法

普段はどういう風に保管しているのかというと、

生理後:ハンドソープなどで綺麗に洗い自然乾燥
保管:小さな巾着袋に入れて薄い昼用ナプキン(1枚程)と共に洗面所やトイレの脇に保管

実際に家中の色んな場所に置いて生理前に焦って探す、という工程を経まして今はこの保管方法に落ち着いています。

そうすると、そろそろ生理になりそうだな〜って思ったら、その巾着をカバンの中にポイっと入れておくだけでいいのでとっても楽チン。

おすすめポイント2:ムレ臭いが激減

生理中の問題として生理痛の次に挙がるのが、ムレ・臭いです。

変えるタイミングを逃すと、特に夏場なんかは悲惨です。

いくら周りの人には気付かれてないとしても生理中の臭いというのは本人としては気になるものです。

月経カップを使い始めて、ムレに関してはある程度軽減できると予想していましたが、臭いについてもかなり効果があり、嬉しい誤算でした。

臭いについて全く気にならなくなり、なぜなのだろうと調べてみたら

・経血は体内では無臭。排出された経血が空気に触れることで酸化が始まる

・経血が酸化し時間が経つことで雑菌が繁殖し臭いの原因になる

ということがわかり、経血そのものが臭いの原因ではないことが判明しました。

ここだけの話、月経カップ使用中にあまりに普段の匂い(女性の皆さんならわかりますよね!?)がしないものだから、捨てる前の経血をにおったことがあるのですが、確かに無臭でした!

月経カップを使い出してから、生理中に悩まされるムレ・臭いから解放されました。

おすすめポイン3:トイレに頻繁に行かなくていい

通常の生理ナプキンは大体3〜4時間(多い日で2〜3時間)に1回取り替え作業が必要です。

このため生理中は頻繁にトイレに行かなければなりませんが、そもそも生理中にナプキンをこそっと忍ばせてトイレに行くこと自体めんどくさいですよね。

私は生理用ナプキンを変えに行きたくても時と場所を選ぶのがプチストレスでした。

一方月経カップはと言うと、1日に2〜4回、最長12時間まで連続使用できるように設計されています。

12時間取り替えなくていいって生理用ナプキンを使っていた身からするとかなり画期的ですよね。

私の取り替える頻度は日中に1回変える程度で、多い日でも2回程です。

そのため、あまりトイレにいけない日や1日中外出する日は特に重宝しています。

おすすめポイント4:節約、エコ

月経カップを使い始めてから、生理用ナプキンを買う機会がめっきり減りました。

あれだけ生活になくてはならないものだったのに、これまで払ったナプキン代はなんぞや・・・と思わずにはいられませんでした。

試しに調べてみたら、

ナプキン1枚約20円×4枚(1日平均)×5日間
=400円(月1回の平均)400円×12ヶ月=4800円(1年の平均)4800円×38年間(12〜50歳)
=182,400円(一生に使うナプキン代)

ナプキン代だけで18万円。。。

というか月経カップが大体平均2000〜5000円なので、1年使っただけで元は取れますね。

そして1人の女性が一生で使うナプキンの量は1.5トンにも及ぶそうです。恐ろしい。

大量のゴミとなるナプキンを使わなくったことで少し地球に優しくなった気がします。

環境にもお財布にも優しいのが月経カップ。

それだけで開発された価値はあるのではないかと思います。

おすすめポイント5:上下バラバラの下着をつけなくて済む

生理中、地味にテンションが下がるのが「上下バラバラの下着をつけること」です。

そんなの特に気にしない〜という人はこの項目は利点にならないかもしれませんが。

もしくは最近ですと下着ブランドによっては、ブラジャー+パンツ+生理用パンツの3点セット買いもできます。

ただ全ての下着をこの3点セット買いすることはできないので、月経カップをつけることによってわざわざ生理用パンツを使う手間が省け、節約にもなるし結果的に気分も上がりました。

おすすめポイント6:生理が早く終わる!(気がする)

諸説ありますが、私は月経カップを使い始めて生理がすっきり早く終わるような気がします。

早く終わるというより、後半のダラダラ続く感じがしなくなったという方が近いでしょうか。

これについてはまだ科学的に立証されているわけではなく、あくまで使った人達がこのような感想を持つだけの話です。

私の場合、

生理用ナプキンを使用していた時期:平均5〜6日
月経カップを使用している現在:平均4〜5日

本当にわずかな違いですが、1日短くなるだけで体感的にはかなり楽です。

おすすめポイント7:自分の経血量がわかるので、体調管理がしやすくなる

ほとんどの月経カップにはシリコンにメモリがついていて、

1回あたりどれくらの経血が排出されたか知ることができます。

知ってどうなるという話ではないのですが、自分の体を管理できるツールにはなります。

自分が生理中にどれくらいの経血が出ているのか把握できれば、今月は普段より多いとか微妙な変化に気づくことができます。

あとは単純に、生理用ナプキンを使っていた頃はどれだけ出血するんだよ!(プンプン)

と思っていましたが、実はそんな量は出ていなかったのだな〜と月経カップを使い始めて初めて知りました。

試行錯誤でたどり着いた!月経カップ装着方法!

で、肝心の装着方法。

一体全体どうやって付けるのって話ですよね。

簡単に説明すると、

1、楽な姿勢、リラックスしてスタート(私は中腰が楽です)
2、月経カップを膣内に入りやすいように小さくたたむ

3、ゆっくり回しながら奥に入れていく(この時回しながら入れると中で開きやすい)

4、膣内で折りたたんだシリコンがポコっと元の形に戻ったら完了!

引用元:New Health Advisor

 

この動画わかりやすいです。(海外動画)

代表的な3種類の折りたたみ方が1:00〜装着方法が1:32〜あたりから始まります。

後半には外し方や、後で説明する子宮口の高い低いについても解説しています。

最初は慣れるまで時間がかかりますが、自分なりのコツをつかむと簡単に装着できます。

私は色々試行錯誤して今は1分もあれば装着完了します!

デメリット:月経カップの悪い点

ここまで月経カップの良いところをお伝えしてきましたが、

今度は私が使ってきて逆にイマイチだったところ、デメリットついてもしっかりと共有していきたいと思います。

デメリット1:正しくつけないと漏れる

特に最初の方は装着がうまくできずに漏れてしまうことが多いかもしれません。

対策として

・つけてから短時間でトイレに行き、漏れてないかチェックする
・ナプキンと併用する

ことをおすすめします。

うまく装着できていなくても、膣の中にシリコンのカップが入っているのでだだ漏れ!というわけではないので安心してください。

感覚としてはゆっくり漏れていく、という感じなので長時間放置していたらもちろん大変なことにはなりますが。(体験済み)

デメリット2:コツをつかむまで時間が必要

やはり正しく装着できるようになるまである程度の時間が必要です。

しばらくは生理用ナプキンかおりものシートと併用し、焦らず慣れていくことを推奨します。

デメリット3:装着している時の異物感

経血が出てくるのを受け止めるタイプの生理用ナプキンと違い、シリコンのカップを体内に挿入するのでどうしても異物感は否めません。

私は体調にもよりますが、ちゃんと正しい位置に入れればつけていることを忘れます。

タンポンが苦なく使用できる方は、抵抗なく使い始められると思います。

この異物感が苦手な方は日中忙しく働いている時だけ月経カップを使用し、リラックスしたい夜はナプキンを使用するという方もいらっしゃるそうです。

デメリット4:取り外しの際に違和感が伴うことも

やはりシリコンが柔らかいとはいえ、カップを出し入れするわけなので取り外す時は慎重に行った方が良いです。

私は装着よりも取り外す時の方が苦手でしたが、コツをつかんでだいぶ上手にできるようになりました。

取り外す時のポイントは、

・最初は出っ張りを引っ張って出口付近までたぐり寄せる
・つかむのを出っ張りから本体に変え、へこませたままゆっくり取り出す

最初は容量がよくわからず、出っ張りだけをつかんでポンッと取り出し痛い思いをしました。

しかし装着するときと同じように、本体もへこませたまま小さく取り出すことで痛みはだいぶましになりました。

私的ベストな月経カップの使い方

色々ベストな使い方を試行錯誤しながら考えた結果、私の中でベストな使い方を確立したの

でご紹介したいと思います。

おりものシート(or昼用ナプキン)との併用

装着も慣れ、失敗することが少なくなった今でもやはりたまに失敗して漏れてしまうこともあります。

以前はしっかり装着できたと実感するまでトイレの中で何度もつけたりはずしたりと格闘していました。

しかしおりものシートや薄いナプキンと併用したら良いことに気付き、一気にストレスフリーに!

量が多い初日〜3日目の時期に使用する

月経カップを使い始めた今では生理用ナプキンをメインで使うことはなくなりましたが、今は4、5日で生理が終わってしまうので量の多い日だけ月経カップを使っています。

最初の3日間はがっつり月経カップを使い、残り1日か2日は昼用のナプキンで乗り切る。

今のところ私の使い方はこれがベストな気がします。

月経カップについて友達によく聞かれること

海外では認知度がある月経カップですが、私の周りでは私以外使っているという人を聞いたことがありません。

そのため私が使っていることを友人に話すと

・どこで洗うの?
・取れなくなったりしないの?

と質問攻めにあうことが多いです。

疑問1:どこで洗うの?

これは外出時の話かと思いますが、中に小さな洗面所があるトイレで洗います。さすがに個室から出てみんなが手を洗っている場所では洗いません。

ただ、毎回水洗いする必要があるかといえばそうでもないです。

私は洗うことができない場合は中身を捨てて、ティッシュでカップを拭きまた装着しています。

取り外した時はやはり手が汚れるので、それもティッシュでしっかり拭き取ります。

お手洗いから出る前に石鹸で手を綺麗に洗えば問題ないかと思います。

疑問2:取れなくなったりしないの?

月経カップの画像を見てもらえばわかる通り、下部にシッポのような出っ張り(ステム)があります。

取り出す際は、指でその出っ張りをつまんでひっぱれば大丈夫です。

けっこう奥に入ってしまったと感じることもありますが、トイレで踏ん張るような感覚で力めば下に降りてくるので大丈夫です。

(どうしても出てこなくなった場合は産婦人科等で取ってもらえます!)

どんな月経カップがある?

とても便利な月経カップですが、今現在どんな種類があるのかご紹介しましょう。

・サイズは2展開

ほとんどの月経カップには2種類の大きさが用意されています。

小:出産経験がない、もしくは30歳以下
大:出産経験がある、もしくは30歳以上

このような基準が設けられていますが、私は海外製のものということもあったので小を選びました。

今のところ問題ありません。

月経カップでも海外製のたくさんの種類が発売されてますが、代表的なものをご紹介します。

スクーンカップ

・アメリカ製
・カラーバリエーション豊富
・シリコン:普通

ディーバカップ

・カナダ製
・昔からある定番
・シリコン:普通

(残念ながら楽天・アマゾンではお取り扱いがない模様)

メルーナカップ

・ドイツ製
・素材:TPE(熱可塑性エラストマー)というゴム
・サイズ展開(S~XL)やステム(しっぽ)の種類が豊富
・シリコン:柔らかめ(質感プニプニ)

月経カップ メルーナ 取り出しやすいリング型・クラシック・Sサイズ・ホワイト無着色
メルーナジャパン

ローズカップ

・日本製
・2017年7月発売
・シリコン:柔らかめ(質感すべすべ)

ROSE CUP 日本人女性の為に作られた日本製月経カップ ローズカップ クリア
ROSE CUP

私が購入した時は海外製のものしかなかったので、今回初めて日本製のものが発売されていたことを知り、びっくりしました!

日本製のものはどんな使い心地なのか気になるところ。(誰か試したら教えてください)

ローズカップ買ってみました!レビュー記事はこちら

http://hitomin.tokyo/%E3%80%90%E7%AC%AC3%E3%81%AE%E7%94%9F%E7%90%86%E7%94%A8%E5%93%81%E3%80%91%E5%9B%BD%E7%94%A3%E5%88%9D%EF%BC%81%E6%9C%88%E7%B5%8C%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E4%BD%BF%E7%94%A8%E6%AD%B4%E4%B8%89%E5%B9%B4/

【月経カップのサイズって?】子宮口の高さを一度チェックしてみる

引用元:月経カップブログ

月経カップ気になるけど、自分が大きいサイズの方がいいのか小さいサイズの方がいいのかわからないという方。

目安として出産経験や体格・年齢などが上がっていますが、そもそも自分の大きさがどうかなんて他人と比較したことないからわかんなくない!?というのが私の意見。

そこで客観的な基準として参考になると思ったのが子宮口の高さ

指を入れて子宮口の下部がどれくらいで届くかチェックします。

・第三関節以上入る:高い(何でも使用可能)
・第二関節まで入る:普通(何でも使用可能)
・第一関節までしか入らない:低い(小さめ)

子宮口が低い人は小さめカップを選ぶべし!

【メルーナ、ルビー、ムーンカップ】2代目の月経カップはコレ(通常より柔らかめ)

ちなみに私が今使ってるのは、このナチュラルカップです。

選んだ理由は

  • 初心者向け(硬すぎず柔らかすぎず)
  • 値段がお安め
  • 透明ピンクが可愛かった

という単純な理由。

当時は柔らかさの種類があるとか、ステム(カップ下のつまみ部分)の形に違いがあるとか、FDA(米国の製品管理の基準のこと)がないとか全然知らなかったのです。

また2代目を買ったら詳しくレポしたいと思います!

月経カップの合う合わないは正直千差万別だと思うので、あくまで私の場合はなのですが、ナチュラルカップを使った感想としては

・もうちょっと柔らかめのやつでもいいかも
→出し入れするとき若干痛いから
・小さめカップも試してみたい
→溢れた経験がないので

以上のような理由から、私が次に試してみたい候補はメルーナ、ルビー、ムーンカップの3つです!

月経カップ メルーナ 取り出しやすいリング型・クラシック・Sサイズ・ホワイト無着色
メルーナジャパン

※スクーンカップは初心者向けという口コミが多いですが、私が使っているナチュラルカップより肉厚で弾力があるという情報を見つけたため上記の3種類が候補になりました。

【これ便利!】トイレに流せるお尻ふき

created by Rinker
ムーニー
¥644 (2019/05/20 19:58:27時点 Amazon調べ-詳細)

2代目月経カップの期待もさることながら、色々検索していたらこれを使って快適な月経カップライフを送られてる方もいました!良いこと知った!!

大容量で売られているのでケチらず使えるのが嬉しいところですね。

私は荷物が多くなるのが嫌で、小分けして持ち歩きたいタイプなので小さいジップロックに入れてます。

同じ方法で

  • ウエットティッシュ
  • 汗拭きシート

など持ち歩いてます。

こういう商品ってかさばる本体を持ち歩いていたら

  • すぐ取り出し口のシール粘着が弱くなる
  • シールの粘着が弱くなって中が乾燥しやすい

という点があるので、ジップロック形式が個人的にお気に入りです。

月経カップはさておき布ナプキンも気になってる

以上、月経カップの紹介でした。

これだけ月経カップ推しの私ですが、実は布ナプキンも気になっています。

冷え性なのでいつか布ナプキンも試してみたいなぁと思います。

(また購入することがあればレポします!)

抵抗がなければ月経カップ試してみてもいいかも

月経カップは最初の初期投資(約5000円)はいるものの、一度手に入れてしまえば半永久的に使えるのでとてもコスパが良い商品です。

使い方にコツがいりますが、慣れてしまえば簡単に着脱が可能です。

  • 手軽
  • トイレに頻繁に行かなくていい
  • 節約・エコ
  • ムレ・臭いが激減
  • 自分の経血量がわかる
  • 上下バラバラの下着をつけなくて済む
  • 生理が早く終わる(気がする)

など、たくさんのメリットがあります。

よほど良い商品が出てこない限りは今後も月経カップ愛用していきます!

 

ABOUTこの記事をかいた人

山田ハナ

山田ハナ/複業ライター 1987年、奈良県出身。大手損害保険会社に勤めたのち退社。小心者なのにワーキングホリデーを始め、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど15カ国を周遊する。より自由な働き方を求めて、現在は複業しながらライター生活を送っています。