【自分のやりたいことがわからない人へ】人生低迷期の私が田舎フリーランス養成講座に行って、人とはちょっと違う答えを持って帰った話(後編)

どうも、山田ハナ(@YamaHana73)です。

2018年6月、山梨県・都留市でwebのことを学ぶ田舎フリーランス養成講座(通称:いなフリ)にフリーターながら10万以上のお金をつぎ込んで参加してきました。

好きなことで生きていきたいと思いながら特に何のスキルも才能もなく、
結局何がしたいのかわからず人生ブレブレ状態。

そんな私が田舎フリーランス養成講座で何を得ることができたのか、その後編です!

  • どういう経緯で参加しようと思ったかの前編はこちらー前編
  • やや潔癖アラサー女子に必要な旅の持ち物編はこちらー持ち物編

 

田舎フリーランス養成講座で得た3つのこと

得たこと①:短期間で「自分」が加速度的にわかった

私が会社員を辞めてからもうすぐ2年半が経ちます。

その間に、

  • 語学留学やワーキングホリデー(カナダ)
  • 歌・ボイストレーニング
  • ビジネス系作家のセミナー勉強会
  • 心理カウンセラーのヒーリング

など「私らしく生きていく道を見つけたい」という想いで色々チャレンジしました。

でも自分がどんなことをしたいのか探してもわからず、悶々とする毎日。

そんな中で参加した田舎フリーランス養成講座の1ヶ月間で、ものすごく得られるものがありました。

 

今ままで停滞していた2年半はなんだったんだろう

と思うくらい自分自身への理解が深まり将来の方向性が浮き彫りになったのです。。

なぜたった1ヶ月で加速度的に自分のことがわかったのか、その理由は大きく分けて3つあります。

  1. 実践が伴っていたから
  2. 他者がいたから
  3. 苦手な部分を助けてもらえたから

それぞれ詳しく解説していきます。

「自分」が加速度的にわかった理由:実践が伴ってたから

まず一つ目はwebを学ぶという具体的な実践が伴っていたからだと思います。

私がこれまで自分探しと称してやってきたことの多くは、「自分探し」が中心になっていました。
まぁ自分の好きなことや得意なことで稼ぎたいと思っていたので当然と言えば当然ですよね。

・自分の好きなことでワクワクして生きよう!

・才能を発掘して結果を出すには!

などのセミナーやオフ会に参加したり、本を読んだりしました。
でも探せど探せど自分がやりたいことは見つかりません。

自己啓発や才能系の本で決まって出てくるワークは、

  • 子供の時に好きだったことは?
  • 明日からやっちゃいけないと言われたら苦しくなることは?
  • お金が100億あったらやりたいことは?
  • 何時間でも没頭してしまうことは?
  • よく他人から褒められることは?

などなど。

いや、それがわかったら今これ読んでないでしょーよ!!!!

と毎回つっこみを入れたくなりました。1人でこれがわかる人だったらもうとっくに行動してますよね。

これまで参加したセミナーと田舎フリーランス養成講座が違ったのは、自分探しがメインではなくwebフリーランスとして稼げるスキルを身につける、ということでした。

私が始めたのが「webライティング」と「ブログ」。

じゃあこの2つで稼いでいくために、

  • 私は何の分野が得意なのか
  • どういう作業でどういうペースなら苦じゃないのか
  • どうやってモチベーションを保つか

など、自分で試行錯誤してやっていくうちに見えてくるんですね。

「自分が好きなことってなんだろう」って考えると、わからなくてモヤモヤしてしまうし、何も前に進まないので不安になります。

でも何か実践が伴うことで

とりあえずやってみる

得意か苦手か、好きか嫌いか

修正してまたやってみる

と、やりながら自分のことがわかってくるので安心して没頭できました。

「自分」が加速度的にわかった理由:他者がいたから

実践が伴っていたと言っても、自分1人でやってもここまで上手くいかなかったと思います。

メンター制度・講師の人からのフィードバックがもらえる環境

<毎日>夕方にその日の進捗など振り返り作業

<毎週>金曜日に1週間の振り返りと翌週の課題の洗い出し

このように日ごと・週ごとに担当メンターの人と振り返り作業を行います。
これは私にとってめっっっっちゃ良かったです!

もちろん初めてのことに挑戦しているわけなので沢山つまづく訳です。

  • 上手くいかなかったこと
  • やってみたけど予想とちょっと違ったこと
  • これは稼げるかもしれないけど自分としはやりたくないこと

など、やってみたからこそ気付くことがあります。

それをメンターや講師の人に伝えると、

じゃあ明日はこうしてみたらどう?

とか

来週はこういうところを力を入れてやってみよう

とか色々相談して対策が立てられるわけです。

 

個人個人にしっかりフォーカスしてもらえるメンター制度や、客観的なアドバイスを講師の人から惜しみなくもらえる環境というのはとても有り難かったです。

他の受講生がいるからこそ深まる自己理解

自分に向いていることや自然とできてしまう得意なことって中々自分では気付けません。
だって本人にとってはそれが当たり前だから。

<webライティング・ブログ・サイト制作・イラスト作成>

みんな力を入れるテーマは違っても同じ方向を向いている仲間がいることで、自分という人間がどんどん浮き彫りになってきました。

私が講座を受け始めて気付いたことは、

  • 人と対面で接していないとパワーが出ない
  • webフリーランス100%で本業にするより、副業にした方が向いてる(会社員もあり)
  • 感情や気持ちを表現することが得意
  • 目標型より状態型(ワクワクしている状態がキーポイント)

などがあります。

自分がこれまでどんな人生を歩んできたのか資料を作り、みんなの前でプレゼンテーションする機会もありました。

出身地も年齢も職歴も違う「他者」という存在があったからこそ上記のような発見があったことは大きな収穫でした。

また、面白かったのはストレングスファインダーを使った講座をしてくれた、才能研究家であり自己理解を広める(株)Meeeの代表であるやぎぺーさんの自己理解講座。

「やぎぺー」の画像検索結果

私の結果は、

  • 1位 収集心
  • 2位 包含
  • 3位 共感性
  • 4位 最上志向
  • 5位 ポジティブ 

でした。それぞれの詳しい説明を知りたい方は、(株)Meeeのブログをどうぞ。

これでわかったのは、みんな共通だと思ってたことが実は自分の資質に過ぎないということです。

え、みんな居酒屋選ぶときネットで20件くらいリストアップしないの?

とかね。

こんな感じで、自分にとっての当たり前が人にとっての当たり前ではないことに気付けました。

逆に最上志向の資質を持っているから

完璧主義で納得いく内容になるまで仕事を終えられない

などの弱点もわかり、webフリーランスでお仕事をしていくうえでどういうことを気をつければいいのか対策を立てやすくなりました。

「自分」が加速度的にわかった理由:苦手な部分を助けてもらえたから

私は「将来こういう風になっていたい」という理想の状態に対して具体的に1年後3年後5年後の道筋を作るという作業がとても苦手でした。どういうふうに落とし込んだらいいのか組み立てることが全然できなかったのです。

でもwebフリーランスとして働くという選択肢を考えている以上、避けては通れません。

大体でもいいから1年後こんな風になっている、ひと月にはこれくらい稼いでいる、そのために毎日毎月何をするか。

ということを決めていかないと、やみくもに頑張ったところで途中で目標を見失い、最悪の場合足を止めてしまいかねません。

そこで私はメンターのはりーちゃんに「計画立てられない」とグチったり、

ライティング講師のゴウちゃんに「どうやって仕事管理していったらいいかわからない」とメソついたり、

統括のならみお氏に「事業計画なんて立てられないよ〜泣」と言って手伝ってもらったりしました。

良い大人が一人で計画も立てられないなんて情けない…と落ち込んでいたのですが、

なんか色々私と似ていて親近感があったあさえちゃんから

「いいんだよ、苦手なことは人に頼ったりお金払ってやってもらえば!」

と励ましてもらい、

そっか!苦手なことは思い切って人に頼ってもいいんだ!

と気付きました。

確かにこういう苦手なことを自分1人でやっていたら

❌膨大な時間がかかる
❌出来も悪い
❌やる気もそがれる

と、あまり良いことないなと思いました。

実際私も講座の最後に作成した(してもらった)事業計画があるからこそ、こうして今コツコツ頑張ることができています。

得たこと②:自由に楽しく稼いでいる人と触れ合えた

今回の講師の中にはwebフリーランスで会社に属さず自由に(しかもめっちゃ稼いでる)人達がいました。

この出来事が良い意味で私のメンタルブロックを取り除いてくれたのです。

自分の好きなこと・得意を生かして楽しく稼ぐってどこか夢物語というか、いまいちリアルじゃなかったんですよね。

大手企業にいた前職時代はとにかく仕事は辛いのが当たり前、それに耐えられなかった自分はどこか社会不適合者なんじゃないかと思っていました。

そしてそんな弱い自分は自由に生きていけない、と心のどこかで感じていたように思います。

でも、講師陣たちと1ヶ月共に過ごして、幸せに稼いでいる人たちが存在するという事実が私に希望を与えてくれました。

得たこと③:一緒に頑張る仲間を見つけた

学校や部活、セミナーでも「仲間と出会えたことが財産です!」とかよく聞くじゃないですか。

いや、私はそんな綺麗事を言いたいわけではなく、

まじでフリーランス同期がいることは重要なんだ!!!!!!!!

ってことを言いたいです。

 

なぜこんなに仲間ができたことが重要なのかというと・・・

仲間の存在が自分のパフォーマンスに大きく作用するから」なのです。

私は睡眠への欲求が極めて高いし、文章書くことが好きなので割と1人で働くの向いてるかもな〜

なんて思ってたんですが、と・ん・だ・勘違い!!

特にフリーランスなんて基本的に個人作業がメイン。

でも私本当にひとりだと何もできないんです。
途端になまけちゃうんです。
自分で立てた目標も、どうでもいいや〜!とか言ってすぐ投げ出しちゃうんです。

 

でも!!

 

フリーランス仲間が頑張ってる様子とかブログが更新されてたりとかすると、自分もがんばろ〜って思えるし仲間の存在にすごく励まされます。受験勉強とかでもそうですけど、競争相手がいると1人でやる時の何倍も頑張れちゃったりしませんか?

だから私にとって一緒に頑張る仲間はリアル財産です。

やりたいことがわからない人が陥りがちな3つの罠

3つの罠とか偉そうに書いてますが、まさしく私のことなので自戒も込めて(恥)

  • 頭で考えてばかりいる
  • ひとりでやってる
  • 何かに挑戦する1歩目のハードル激高い

考えてばかりいるから失敗が怖くなるし、余計に何かを始めにくくなります。

とりあえずいきなりお金使わなくてもいいから、同じことに興味がありそうな仲間を早いとこ見つけて「小さく」行動してみたらどうでしょうか。

そしたら失敗しても「あ、なんか違ったわ〜」くらいでダメージが少なく済みます。

講座中、私を勇気付けてくれた言葉があるので紹介します。

ライティング講師のゴウちゃんが、

好きなことってやってみるまでわかんないじゃん、しかもある程度やらないとわかんないじゃん。だからとっととお金稼げるようになって余った時間で色々試してみようよ」と。

【忘れないで】理解してくれない人もいる

もしかしたら今何かやってみたいことがあるけど、周りから批判されるのが嫌で挑戦できない人もいるかもしれません。

この人に批判されても別にいいや〜って思う人の批判は流せます。
ただ家族とか親友とか大事な人ほど理解されない時があますよね。

 

私自身、優柔不断にしては「いなフリ」の参加はわりとすんなり決めました。
(前から存在を知っていたからかもしれませんが。)

 

でも批判してくる人もいました。

 

どんなことを言われたかというと、

 

「何の経験もないど素人が稼げるほど甘くない」

「わざわざ独学でもできるようなことにお金を出す意味がわからない」

「搾取されてるだけ」

「怪しい」etc…

ちなみに帰ってきてからも、同じ人に速攻ダメ出し食らって自信を失いました。

批判されることに前はいちいち気にしていましえたが、結構最近はどうでもよくなってきました。

私がバリバリ稼げるようになって楽しく過ごす日がきたら、あの人はなんて言葉をかけてくるのか楽しみです。

(ふーんだ今に見てろよ)

まだまだ他人の言葉に影響を受けやすい私ですが、

批判してくる人、否定的な人は必ず出てくると心得る

批判してくる人、否定的な人の価値観も認める

自分だけは自分の応援団になること

くじけそうになったときは、これらを意識して過ごしてます。

 

誰からも納得してもらえる人生なんてないし、誰からも素敵だねって言われる価値観なんて
存在しないですしね。

モヤモヤしてる時間も行動してる時間も楽しんじゃおう!

何か自分の人生変えたいと悩んでいるなら、とにかく行動しましょう!

と言いたいところですが、そんなことは言わないです。

ただ、自分のやりたいことがわからずモヤモヤしているなら誰かと一緒に何か始めてみると思わぬ自分を発見できるかもしれません。

私もモヤモヤ人生低迷期が続いていましたけど、いなフリを受けて自分1人ではどうにもこうにも進まなかった人生が今やっと動き出そうとしています。

ABOUTこの記事をかいた人

山田ハナ

山田ハナ/複業ライター 1987年、奈良県出身。大手損害保険会社に勤めたのち退社。小心者なのにワーキングホリデーを始め、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど15カ国を周遊する。より自由な働き方を求めて、現在は複業しながらライター生活を送っています。